自動車普通免許の普通とは

 2022年には成人年齢が18歳に引き下げられることとなります。ですが自動車免許はそれよりも早く18歳になると取得できるようになっておりました。自動車普通免許を取得するには自動車教習所に通い、実技や学科など様々な課題をこなす必要があります。自動車普通免許は仮免許の許諾を受ける時点で18歳である必要があるので、教習所によっては誕生日の数ヶ月前から講習や実技の練習を受講することが可能なようです。これは合宿免許も同様です。

 自動車を運転できる免許は自動車普通免許の他にも様々な種類があります。

まず、旅客営業つまりお客さんを乗せて料金を徴収できる免許があります。これは二種免許と呼ばれます。旅客営業ができない免許が1種です。タクシーやバスの運転手がこの第2種の免許を必要とされます。ちなみに、ニュースで聞くことがある「白タク」は、業務に使用する自動車として登録している緑色のナンバーではない、普通の白いナンバーでタクシーのような営業をすることを指します。第2種免許を持たない人が正しい許諾や申請をせずに、お金を貰って人を乗せることをいいますので当然違法です。

旅客営業をするかどうかの他に、運転する自動車の車両総重量・最大積載量・乗車定員によって、普通、準中型、中型、大型と4種類に区別されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *