運転免許の種類

2輪と特別な自動車を除くと、運転免許は普通、準中型、中型、大型と4種類に区別されています。運転免許証の下側に種類と書かれた表があり、そこに何が許可されているかが記されています。すでに運転免許をお持ちの方は「準中型」と聞いて疑問に思ったことでしょう。この準中型という免許区分は実際に運用されている自動車と免許区分との乖離を修正するために平成29年から追加されました。そのため、平成29年以前に普通免許を取得していた方は更新のときに順次「中型は8t車(5t以下)に限る」との記載が追加されるようになります。

これら4種の免許で運転できる自動車にはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、普通免許は18歳以上で取得ができます。車両総重量は3.5t未満で最大積載量は2t未満、さらに乗車定員10人以下に制限されます。

次に、新しく追加された準中型免許です。こちらも18歳以上で取得することができます。車両総重量は3.5t以上、7.5t未満。最大積載量は4.5t未満で乗車定員は普通免許と同じ10人以下です。

 中型免許から取得できる年齢が変わります。普通免許を取得してから2年以上経過してから取得できます。そのため、20歳以上での取得が可能な免許です。車両総重量は7.7t以上、11t未満。最大積載量は6.5t未満で乗車定員は29人以下となります。

 最後に大型免許です。こちらも中型免許と同様に普通免許を取得してから3年以上経過してから取得ができます。そのため、21歳以上で取得が可能です。車両総重量は11t以上、

最大積載量は6.5t以上で乗車定員は30人以上となります。

 これらの区別の他にAT限定免許と呼ばれるものがあります。運転できる自動車はAT車に限られてしまいますが、現代ではほとんどの自動車がAT車でありほとんど困ることは無いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *