学科試験の中身

 学科試験はマークシート方式で、しかも「正」と「誤」のいずれかどちらかを選択していく形式ですから、解答の仕方に戸惑うことは無いでしょう。制限時間に余裕はなく、大量の問題を限られた時間で解かないとなりません。ですから塗りつぶし方は工夫を要します。雑に塗りつぶすと採点機器が正しく読み取れない可能性がある一方、丁寧に時間をかけて塗りつぶすと、制限時間内に解き終えることが出来なくなります。適切な塗りつぶし方を身に付けるためにも、問題集等を購入して事前に練習を重ねておきましょう。大切なのは、すぐに解答できる問題から手を付けて、分からない問題を後回しにすることです。

 学科試験はほとんどの人に課されますが、稀なケースにかぎっては免除される事もあるようなのです。例えば、前回の試験で学科試験の合格基準を満たしていたものの、技能試験を残してまだ免許を取得できていない場合は、再度学科試験を受けなくともよくなります。ただし前の試験より半年経たないうちでの受験であることが条件となっています。また、第二種免許の一つを既に保持している人も、学科試験が免除されます。例えば普通第二種より大型第二種に切り替えようとしている受験者等がこれに当たります。  学科試験に受かろうとするためには、交通教則を丸暗記するのが一番です。第二種免許の場合、旅客運送という重い責任が求められる運転を想定しているため、より厳格に知識が問われることを覚悟しなければなりません。道路交通法、安全対策法をきちんと覚えるようにしましょう。用語の意味や標識の意味、最高速度、駐車禁止場所等はよく問われるポイントですから、細かなところまで勉強するようにします。追い越し禁止場所や徐行場所も含めて丸暗記するためには、自分に合った参考書の助けを借りると良いでしょう。

合宿免許でも学科試験は行われます。

こうした知識も参考にしてみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *