Month: April 2019

技能試験の中身

 学科試験クリアするコツは、過去問を解いて設問の特徴を把握することです。例えば引っ掛け問題として、細かい点に誤りを含めた設問があります。このような問題は「誤」を選択するようにします。また試験時間にも注意しましょう。50分という制限時間内で全問を解かなければならず、すぐに解ける問題から片付けるのが賢い解答方法です。後回しにした問題は最後に解きますが、それでも分からなければ適当に選択して必ずマークするようにします。空欄のまま提出することだけは避けなければなりません。解答欄がずれていないかも、逐一確認しながら解答するようにしましょう。  技能試験については、厳しい審査基準をクリアしなければなりません。合格は80点以上とされていますが、最初に満点が与えられ、ミスする毎に減点される方式です。普通第二種免許の試験であれば普通自動車を運転することになりますが、1800㏄以上の排気量の車を自在に操れることが求められます。大型第二種免許の場合、30人以上を乗せることのできるバスを運転しなければなりません。試験課題は予め分かっているわけですから、事前にきちんとイメージトレーニングしておきましょう。走行距離は6㎞を超えるため、体力も必要になります。前日はきちんと休めるように早めに就寝することが大切です。幹線、周回コースの走行においては、発進、指定速度、周回カーブ、一時停止といった基本操作が問われますから、教習中に磨いたスキルを発揮するようにして下さい。また、交差点の通行では、右左折と信号通過が採点されます。こちらも基本を違えず、自分の力を出し切って下さい。 学科試験、技能試験どちらも合宿免許で受けることが可能です。 短期間で免許取得が可能な合宿免許を一度試してみてはいかがでしょうか。