運転の実際とその手順

実際に運転免許を取得しようと思って初めて、実際に車に乗って動作に望むことになった際には、慣れなくて、緊張をしてしまうかもしれませんが、焦らず一つ一つの手順を、ゆっくりとこなしていくことが、何よりも重要であるということは、いうまでもないという風に言えるでしょう。初めて、車に乗った際には、緊張しすぎてしまい、どちらがアクセルで、どちらがブレーキペダルで、クラッチペダルなのかと、いうことを分からなくなってしまう人も、多いかもしれませんが、右側から、アクセル、ブレーキ、クラッチという風に繰り返して覚えておくと、忘れないで覚えられるかもしれません。そして、実際に、車に乗った際には、エンジンをかけることになるわけですが、ハンドブレーキが起こされているかどうかを確認して、クラッチを床いっぱいにきちんと踏んで、ニュートラルの確認をする。そして、キーを回すことで、エンジンをかけ、アクセルを踏んで、やっと動き出すことができるわけです。エンジンがかかっても、気を抜くことなく、安全確認を含めて、きちんと、一つ一つ手順を踏んでクリアしていくことが、重要だという風に言えるでしょう。特に、初心者の場合には、アクセルを思いっきり踏んでしまうようなケースが、しばしば見られますが、静かに、ゆっくりと発進するという気持ちを持って、そっと踏んでから出発する、というような意識を持っておくことが、求められていると言えるでしょう。ブレーキも同様で、手加減なく踏むのではなく、ある程度、これくらいの感覚で、これぐらい泊まるというようなものを、徐々に身につけていきながら使っていくことが重要だという風に言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です