S字カーブについて

S 字カーブの運転は、運転が得意な人でも苦手とすることが多い分野であるというふうに言われているようです。それは、スピードを出せば良いという運転方法だけではなく、速度を下げながら、惰力で走っていく感覚を身につけるのが難しいという風に言われているからであるようです。とりわけ S 字カーブの場合には、慎重に運転するに越したことはなく、自分が運転している車のボンネットの先端が、曲がるべきコーナーに差し掛かった段階でハンドルを切る、というような意識を持っておくと、安全に進むことができるという風に言われているようです。基本的には、運転席が日本の場合右にあることが多いわけですから、ボンネットの中心の先端部分がどの場所に来た時に、ハンドルを曲げれば良いのかということを、感覚的に掴んでいくことが重要であるとことは言うまでもないという風に言えるでしょう。 S 字カーブから抜け出す時には、出たい方向とは反対の方向に車を向けていくことで、うまく抜け出すことができるようですから覚えておくといいかもしれませんね。この際教習所などでは、脱輪してしまったりする場合もしばしばあり、そのような際に焦ってパニックになるようなことがないように、しなければならないというふうに言えるでしょう。失敗してしまった場合でも決して焦ることはなく、落ち着いて落ち着いて一つの作業を集中してこなしていくというような意識を持っておくことが重要だというふうに言えるでしょう。また、 S 字カーブを抜けだしたからといって気を抜いてはいけません。カーブを抜けた先の道路に出る際には、一時停止の標識などがあるかどうかをきちんと確認し、左右に右折しなければならない場合には、前方確認や左右の確認を当然しなければならないことも覚えておくといいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *