加速の必要性について

加速を怖がってばかりではダメで、例えば、高速道路をや追い越しが許されている追い越し車線などでは、加速が必要になる場合が多いというふうに考えられます。このような際には、オートマチック車の場合には、アクセルを急に踏み込むことで、1段ギアが変速されて急な発進や急な加速をすることが出来るわけです。これをキックダウンという風にいい、オートマチック車、特有の機能であるというふうに言えるようです。オートマチック車は非常に便利で、使い勝手が良く、楽に運転できるという風に言われているわけですが、エンジンをつけたばっかりの時や、エアコンをガンガンと使っている時などは、急発進をしてしまう恐れが出てきてしまうため、必ずブレーキを踏んでおくことが重要だという風に言えるでしょう。停止時に、ブレーキを踏んでいなければ、クリープ現象によって動き出してしまうため、前の車に追突してしまったり、歩行車に追突してしまったりというようなケースを招きかねないわけですから、忘れないようにしなければならない、という風に言えるのではないかと考えられるわけです。実際のところ、マニュアル車よりもオートマチック車の方が人気が出た要因として挙げられるとすれば、使い方がシンプルで、煩雑な作業を省略することができるというポイントがあるかもしれません。チェンジレバーの登場によって、マニュアル車よりもより楽に簡単に運転をすることができるようになった、という風には確かに言えるかもしれませんが、安全を守るという意味ではどちらの車であったとしてもオートマチック車であってもマニュアル車であっても、きちんと安全を守って運転をしていくことが何よりも重要であるという風に言っていいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *