気持ちのブレーキについて

端的に言うと、全ての点で注意を踏んでおくことで、安全な運転にしっかりと近づくことができるのは、間違いない、と言えそうです。車には、様々なブレーキがあるわけですが、一番重要なブレーキは心理的ブレーキだという風に言われることが多いようです。実際、ブレーキを引く際にはその運転をしている人が弾くことになるわけで危険だと感じない限りは、ブレーキを引かないということが多いように感じられますが、少しでも危険を感じたり、危険な所に陥りそうだと感じた時点で、積極的に断続ブレーキを踏むことで、周囲の車に危険を知らせるのは何よりもポイントとなっているという風に言えそうです。このようにしておくこと、気持ち的にブレーキをかけることができるようになるわけですが、実際のところ、大雑把な運転では、心理的なブレーキを引くのが遅れてしまうため、ブレーキをかけようという気持ち自体が浮かばないことが多いというようにも言われているようですが、注意が必要だ、という風に言えそうですね。 特に、車を運転する上では、予測をしてブレーキを踏むということが重要であり、大きな危険が潜んでいるかもしれないという意識を常に持って運転することが重要と言えるのではないか、と考えられるわけです。実際のところ、きちんと車間距離をとって運転しても、例えば、前方に大型車などが走っていた場合には、その前の視界がほとんどなくなってしまい、前方でどんな交通状況が生じて、どんな変化が生じているのか、ということが判断しにくくなってしまうということもあるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *