ドライバーは冷静にハンドルを握ろう

皆さんが教習所や学校などで車の運転の訓練を受け初めて一般路上で運転をする際、横断歩道で急な飛び出しをする子供やお年寄りに出くわすかもしれませんし、自転車が猛スピードで横断歩道を渡ろうとするかもしれません。前方に横断歩道を確認した際には、前方の様子や歩道などの歩行者が横断歩道に進入してくるのかどうかの予測をきちんと立てる必要があるでしょう。横断歩道に差し掛かるまでに、周囲の状況をきちんと把握し、歩行者、自転車、バイクなどの存在に注意する必要があります。特に、子どもなどは車が進入してきていると分かっていても、横断歩道に飛び込んでくる事もあるでしょう。また、最近は高齢者などが認知の衰えなどから交差点を強引に渡ろうとして事故にあうケースなどもみられるようです。横断歩道や自転車横断帯が前方にみつかったら、前方の様子や歩道にいる人々の動きに注意を払い慎重に横断歩道に進入しましょう。実際に歩道を歩く歩行者などは、自分たちの姿がドライバーたちには、見えているはずと思い込んで公道を行き来している人が多いとも言われております。自分が横断歩道を渡れば、車は自動的に止まるものだと考えている人もいるようですが、そのような考えが思わぬ事故にも繋がりかねません。公道を走るドライバーは、歩行者たちは予測できない動きを行う事も念頭に入れて冷静な判断のもとハンドルを握らなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です