「MT」と「AT」と「ET」

現代を走る車の仕様としてマニュアル車はの存在は、一般的には化石とも呼べるような希少な存在になりつつあります。実際には、平成生まれの若者たちの中には、友人らと合宿免許などの申し込みに盛り上がりながら、車の免許に関する話題に話が盛り上がっていても、マニュアル車について知らない人がほとんどであるのではないでしょうか。マニュアル車とは、オートマ車と並んで語られる車のギアの形式の違いであります。マニュアル車を「MT」、オートマ車を「AT」と略して呼びますが、マニュアル車は「マニュアルトランスミッション」、オートマ車は「オートマチックトランスミッション」とそれぞれの名称があります。現在、マニュアル車の存在が希少となったのは、実用的な部分でオートマ車の方が使い勝手が良い事があげられます。実際にマニュアル車を運転した事がない人が主であると思われますので、その操作上の違いは、言葉では伝えにくいものでもありますが、ギアを入れ替える際にクラッチと呼ばれるペダル操作が1つ増えるのが、マニュアル車の特長でもあります。このクラッチと呼ばれるペダル操作が、オートマ車から比較すると特殊に感じる人は多いのではないでしょうか。マニュアル車は慣れてしまうと、運転操作が楽しくも感じるのですが、一度でも、オートマ車に乗ってしまうと、あえてマニュアル車を選択しようという人は、コアな層のファン以外はいないであろうと思われます。マニュアル車がまだ市場で賑わっていた頃、「ET」と呼ばれる名画が流行っていたのですが、「ET」を知っている若者も少なくなってしまったのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です